飛び石による亀裂と剥離にはご用心~適切なガラス修理の方法~

楽しいドライブが台無し!飛び石による傷はガラス修理が必要

飛び石でフロントガラスに傷が入ってしまった経験がある人は多いでしょう。飛び石による傷は小さい物から大きい物まであり、ガラス修理が必要な要因になります。

フロントガラスにできる傷の種類

ブルズアイブレイク
飛び石がフロントガラスに接触したことで、ガラスが層剥離した状態になっています。亀裂ではなく、小さな丸い凹みのダメージとなっているので、比較的伸長しにくくリペアもスムーズに行なえます。雨水やホコリが入って傷口が広がる前にガラス修理をしましょう。
パーシャルブレイク
ブルズアイブレイクよりも危険度が高くなった状態です。傷口の様子は半月状で、亀裂と剥離が合わさった形になっています。飛び石による被害で、一番多いのがこの症状となっています。放置しておくと、さらに伸長するリスクもあるので早めにガラス修理を行なうといいでしょう。
スターブレイク
この状態は、大小関係なくガラスが完全に亀裂しています。飛び石が当たった衝撃点を中心に、放射線に亀裂が伸びている様子がまるで星のようです。リペア次第で目立たなくすることはできますが、一文字のアウトラインの痕跡は見えてしまいます。
コンビネーションブレイク
この状態になっているフロントガラスは、早急なガラス修理を行ないましょう。危険度レベルで言えばMAXです。亀裂や剥離が重なって傷口が複雑化しています。雨水やホコリの侵入で傷口が広がる前に、ガラス修理する事をオススメします。

プロのガラス修理で傷を綺麗にしよう

自分でガラス修理をすることに不安を感じる場合は、専門業者に依頼するのが一番確実で安全です。専門業者が行なっているウィンドリペアで、傷を修復してガラス修理が完了します。

ウィンドリペアのススメ

ウィンドリペアってなんですか?
愛車のフロントガラスは綺麗にしたい、だけど高額なウインドシールドの交換は避けたい。そんな時にオススメなのがウィンドリペアによるガラス修理です。この方法なら、特殊樹脂液を使用して傷を修復できますし、硬化させることで耐久性を保つこともできます。

メリット

出費を抑える事が可能
ウィンドリペアでガラス修理することで、ガラス修理にかかる出費を抑えることができる
作業時間の短縮
ガラス修理にかかる作業時間を短縮することができます。車を日常的に使用している方に最適です。
クリアな視界
走行中の視界を良好に保てた結果、運転に集中することができます。

自分でもできるガラス修理の豆知識

飛び石でフロントガラスに傷がついてしまったらガラス修理が必要です。なるべく費用抑えたいなら、注射器や補修液を使って補修しましょう。

ガラス修理のフロー

ガラスの清掃

補修液をいきなり注入しては、効果を十分に発揮することができません。まずは、乾いた清潔なタオルで、傷部分を拭いていくことから始めましょう。

傷のゴミ除去

目の細かいピンを利用して、飛び石やガラスの破片を取り除きましょう。ゴミも同様に取り除くことで、補修液の浸透を良くします。

台座の取り付け

傷口付近に専用の台座を設置して、補修液の注入口を確保します。両面テープを貼り付け、台座を固定して作業がしやすいように下準備を行ないましょう。

補修液の注入

台座の注入口から、補修液を浸透させていきます。この時に注意すべき点は、補修液の量です。多すぎると液ダレの原因になるので慎重に作業を行ないましょう。

ガラスを密着

補修液を浸透させて、二枚のガラスを密着させていきます。専用の注射器で圧縮と減圧を繰り返しかける事で、補修液の効果を高めていきます。

補修液を垂らす

余分な補修液は、台座を外した時に垂れてくるので、傷口に付着しないように拭きとってしまいましょう。事前にマスキングテープを貼っていても、凝固してしまうこともあるので注意しましょう。

カミソリで仕上げ

十分に補修液が乾燥したら、余分な部分を削りとっていきましょう。この時、カミソリを使用すると、うまく削ぎ取れますが刃先を立てないように十分注意して行ないましょう。

TOPボタン