修理と交換の違いは何?費用の違いと保険の使用を考える

修理費用が心配・・・車両保険の対応はしてもらえるのか

飛び石による破損被害

傷口の種類によって修理費用が異なってきます。状態によっては、高額の費用が発生することもありますが、車両保険で賄うことができます。仮に、走行中の他の車両から飛び石が飛んできて傷を負った場合でも、現場の立証が難しいため対物保険ではなく、車両保険の適用となることがほとんどです。

車両保険の種類と使用する際の注意

飛び石被害で保険が適応されるのは一般、車対車、のみになります。しかし、当然ながら車両保険を使用してガラス修理を行なうと、次期の保険料は高くなります。車両保険を使用するか、実費で修理するか一度工場や保険会社と話し合ってから決めましょう。

ガラス修理とガラス交換では費用面で大きな差がある

専門業者に依頼すれば、飛び石による傷のガラス修理をしてもらうことが可能ですが、ガラス交換してもらうこともできます。ただ、修理費用は大きく異なるので注意しましょう。

ガラス修理費用は要チェック

割れたガラス

飛び石が原因で、ガラス修理を行なうことになった場合、補修と交換どちらが良いのか考えてみましょう。小さな傷であれば、ガソリンスタンドでも2万円程度の料金で補修してもらうことができます。費用が気になる方にオススメとは言えますが、完全にまっさらな状態に戻すことは難しいことを理解しておきましょう。

ガラス修理費用面で注意しておきたいことはありますか?
傷が小さくてもガラスの淵近辺の傷に関しては修理が行なえず、丸ごと交換することになるでしょうから10万円前後の交換費用が発生します。その際に、車両保険を使用して交換できることもあるので、適用条件を確認しておきましょう。

TOPボタン